• ホーム
  • 低用量ピルのメリットと低いリスクで起こる血栓症

低用量ピルのメリットと低いリスクで起こる血栓症

若い女性

ピルには低用量ピルの他にも中用量ピルがあり、どちらも避妊目的や月経前症候群の改善等に使われます。
中用量ピルの場合、避妊が目的であれば健康保険を適用することが出来ませんが、子宮筋腫や子宮内膜症の治療が目的であるならば健康保険が適用することが出来ます。
それに対し低用量ピルは同じように子宮内膜症の治療に使われても健康保険を適用することが出来ないため、自費診療となり金銭的な負担がかかります。
そのため金額だけを見れば中用量ピルの方が良く思えますが、中用量ピルは成分量が多く効果も強いため副作用が強く出る可能性が高くなります。
ピルの副作用には吐き気や頭痛の様な妊娠時の悪阻に似た症状や不正出血が起こります。
これらは使用していくうちに気にならなくなったり不正出血は治まったりしますが、低用量ピルはこれら副作用が中用量ピルよりも症状が酷くならないことがメリットと言えます。
吐き気や頭痛の様な症状は酷くなると生活に支障を与え、人によっては動けなくなるまでになります。
同じ効果を期待することが出来るにも関わらず、副作用が酷くない、ということは利用する人にとってメリットなのではないでしょうか。
しかし低用量ピルには低いリスクではありますが、血栓症の症状を引き起こすことが分かっています。
血栓症はその名の通り、血管に塊ができ栓をする様な状態になります。
早い段階で治療することが出来れば良いですが、気付かずそのままにしておくことで脳梗塞や心筋梗塞の危険性があるため、注意が必要です。
特にリスクを上げる人に喫煙者を挙げることが出来ますので、喫煙している人は禁煙してから低用量ピルを使用すると良いでしょう。
低用量ピルには副作用が少ない、というメリットはありますが、人によっては低いリスクで起こる可能性のある血栓症のリスクを上げることになるので使用前には医師としっかり相談しましょう。

関連記事