• ホーム
  • 低用量ピルが欠かせない風俗嬢の腹部の痛み

低用量ピルが欠かせない風俗嬢の腹部の痛み

薬を持っている女性

風俗嬢の女性は、色々な事情でこのような性交渉を伴う仕事をしていますが、当然、性交渉が前提となる仕事となってしまうために、低用量ピルなどを使って避妊をしています。
もちろん、このような風俗店に行く際にも男性のマナーとしてコンドームを使うことは当然であり、また店舗によってはこのような避妊をしっかりと行うことを前提として、お店を開いているところがありますが、密室で2人きりになってしまうため、基本的にしっかりとマナーが守られる、というものではありません。
そのため、風俗嬢の女性は低用量ピルを使って望まない妊娠を防ぎ、自分自身の身体を守るという行動に出なければならないもの、とされています。
本来であればコンドームを使い、そこから避妊を行う方法の方が、女性にとっても男性にとっても、性感染症などを防ぐ目的などもあることから、1番に良い方法であるとされているものの、身勝手なマナーのない男性のためにこのように低用量ピルで、己を守るしかすべがない風俗嬢もいるのだとされています。
もちろん、マナーのあるお客もいるとは言われていますが、実際に産婦人科などを訪れる風俗嬢は、このような低用量ピルを使うことで、避妊を常時行っているのです。
また、低用量ピルを使うと、腹部に痛みが生じることがあります。
これは妊娠などの痛みとは違い、ホルモンバランスを崩すことで、避妊を防止していることから、腹部など身体などに痛みが生じてしまうのです。
また、腹部の痛みの場合には、重症な人であればほぼ起き上がることが出来ないほどに、苦しいケースもあり、ここには個人差があります。
まったく痛みを腹部に感じない女性がいる一方で、かなりの痛みを感じる女性もいるとされています。

関連記事