• ホーム
  • オキシドなどの低用量ピルは調節が必要

オキシドなどの低用量ピルは調節が必要

カルテを書いている女性の医者

今、女性の中で避妊の効果や、子宮や卵巣などの婦人科系の病気の治療にもつながるとの理由で低用量ピルを常時服用している人が増えています。
低用量ピルは使い方を間違えなければ、女性ホルモンの分泌をほぼ止める為、生理痛の緩和、女性ホルモンが原因になっている子宮や卵巣の病気の治療、また、生理が止まってしまうことにより妊娠をしないため、避妊にもつながるなどメリットが多いです。
特に、パートナーと確実に避妊をしたいと考えている人はこの低用量ピルの服用がおすすめです。
また、女性ホルモンの活発化が原因で起こる婦人科系の病気を抑える効果もあるので、毎月の生理痛で苦しんでいた人にもとても有益な薬です。
しかしその一方で副作用や女性側に負担があることも知っておく必要があります。
まず、生理を止めてしまうことにより一時的に更年期のような状態になるので、更年期障害のような症状に悩む人がいます。
主な症状としては、ほてりや多汗、頭痛がしたり吐き気などを感じる人もいます。
無理やり毎月あるべき生理を止めてしまうということや、女性ホルモンの分泌を調節して止めてしまうので、具合が悪くなったり、副作用が強く出るのは当然です。
このように、デメリットがあることもしっかりと頭に入れておく必要がありますし、もし副作用が強くでて、自分自身の負担になっている場合は、オキシドという成分の入った低用量ピルの量を調節することで、症状を緩和することができます。
女性ホルモンの女性に与える影響は大きいので、あまり薬によってストレスをためるよりは、ピルを飲む頻度を体と相談しながら決めることも大切です。
低用量ピルは、非常に便利ですがリスクを認識したうえで利用するのが一番です。

関連記事